研究所・研究センター一覧

京都大学iPS細胞研究所

Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University
  • 第2部会

研究所・センターの概要


所長
山中 伸弥
Yamanaka, Shinya
キーワード
i PS細胞、再生医療、幹細胞
住所
〒606-8507
京都府京都市左京区聖護院川原町53

iPS 細胞研究所(CiRA =サイラ)は、平成22 年4 月にiPS 細胞の基礎研究から前臨床研究、臨床研究までを遂行するために設立されました。現在、未来生命科学開拓部門、増殖分化機構研究部門、臨床応用研究部門、基盤技術研究部門、上廣倫理研究部門の5つ部門に分かれ、iPS 細胞技術を創薬や再生医療に結びつけることを目指した研究に取り組んでいます。特に上廣倫理研究部門では、iPS 細胞に関連する倫理的、社会的、法的課題の解決に向けた研究を行い、対処法の検討や提案に取り組んでいます。世界最高水準のiPS 細胞研究拠点として機能し、幹細胞分野をはじめとする学理の発展に貢献するとともに、若手研究者の育成にも努めます。

平成27年度の研究活動内容及び成果


再生医療用iPS細胞ストックの配布開始

CiRAは、2010年の開所から5年が経ち、当初の目標(CiRA10年の目標)を達成する目処がついたので、2015年4月に2030年までの長期目標を新たに策定しました。今後も、研究所一丸となってiPS細胞技術の医学応用を目指し、研究活動に取り組みます。

<CiRA 2030年までの目標>
・iPS細胞ストックを柱とした再生医療の普及
・iPS細胞による個別化医薬の実現と難病の創薬
・iPS細胞を利用した新たな生命科学と医療の開拓
・日本最高レベルの研究支援体制と研究環境の整備

平成27年度は、再生医療用iPS細胞ストックの配布を8月に開始しました。このストックは、CiRAの細胞調製施設FiT(Facility of iPS Cell Therapy)で作製し、細胞の評価を経たものを、保存しています。

また、デュシェンヌ型筋ジストロフィーの初期病態の再現、進行性骨化性線維異形成症(FOP)の異所性骨形成における新たなメカニズムの発見、細胞シートの積層化、移植効果の高い心筋細胞の成熟ステージの発見など、iPS細胞を用いた新たな治療表開発につながる成果を発表できました。

マイクロRNAを使った細胞の選別方法の開発、骨肉腫や膵島発生に関わるメカニズム解析など、今後の治療法開発に向けた基礎となるような成果も挙げています。

ヒトiPS細胞

ヒトiPS細胞

細胞調製施設

細胞調製施設

社会との連携


最先端科学を社会へ拡げる

CiRA では、研究者の技術習得や交流を目的として、iPS 細胞樹立・維持技術講習会とトレーニングを年に数回開催しています。また、国内外から研究者を招聘し、研究促進のための意見交換の場としてセミナーやシンポジウムも行っています。

iPS 細胞は、今後の医療に大きな影響を与える可能性のある新しい技術です。 そのため、一般市民にご理解いただくために、ニュースレター、シンポジウム、サイエンス・カフェ、ホームページ等、いろいろな媒体を利用し、幹細胞に関する基本知識や研究活動に関する最新情報をお届けしています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80