研究所・研究センター一覧

京都大学防災研究所

Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
橋本 学
Hashimoto, Manabu
キーワード
防災学、減災学、災害学理、自然災害科学、地震災害、火山災害、地盤災害、気象災害、水災害、総合防災
住所
〒611-0011
京都府宇治市五ヶ庄
災害大国日本の防災研究拠点として

1951年発足。1996年に、阪神・淡路大震災を機に危機管理など減災のための社会システム研究の重要性を鑑み、ミッションを「災害に関する学理の研究および防災に関する総合研究」に再定義。2005年からは総合防災/地震・火山/地盤/大気・水の4グループに大別される5研究部門・6研究センターの体制で、自然災害およびその防災・減災に関する研究を推進しています。
「自然災害に関する総合防災学の共同利用・共同研究拠点」として、日本全国の15の隔地観測・実験施設と京都大学宇治キャンパスにある実験設備を活用しています。2001年から自然災害研究協議会(NDRC)、2015年から世界防災研究所連合(GADRI)について発足以来事務局を務め、国内・国外ともに防災研究のネットワーク拠点として活動中です。

平成30年度の研究活動内容及び成果


◆重点研究課題

「巨大地震災害」「極端気象災害」「火山災害」「防災実践科学」の4テーマ、および「国際展開」を重点的に取り組む課題と設定し、研究を推進しています。
平成30年度には、「南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト」等のプロジェクトを継続実施するとともに、平成30年6月大阪府北部地震、平成30年7月豪雨災害等について全所を挙げた調査を実施し、災害調査報告書を上梓しました。国際展開では引き続きSATREPSによる研究プロジェクト(次項参照)を推進するほか、世界防災研究所連合(GADRI)の事務局としても150機関以上の研究機関とともに活発に研究交流活動を進めています。2019年3月には第4回世界防災研究所サミットを開催し、防災研究協力における課題等に関して討議しました。

世界33カ国から246名が参加を得た第4回世界防災研究所サミット (2019年3月13-15日、京都大学宇治キャンパス)

世界33カ国から246名が参加を得た第4回世界防災研究所サミット
(2019年3月13-15日、京都大学宇治キャンパス)

◆主な研究プロジェクト
  • 新学術研究領域:地殻ダイナミクス ―東北沖地震後の内陸変動の統一的理解―(H26-H30)
  • 基盤研究(S):ストームジェネシスを捉えるための先端フィールド観測と豪雨災害軽減に向けた総合研究(H27-H31)
  • 地球規模課題対応国際技術協力プログラム(SATREPS):インドネシア:火山噴出物の放出に伴う災害の軽減に関する総合的研究(H26-H30)
  • 地球規模課題対応国際技術協力プログラム(SATREPS):バングラデシュ国における高潮・洪水被害の防止軽減技術の研究開発(H26-H30)
  • 地球規模課題対応国際技術協力プログラム(SATREPS):メキシコ沿岸部の巨大地震・津波災害の軽減に向けた総合的研究(H27-H31)
  • 日ASEAN科学技術イノベーション共同研究拠点(JASTIP)(H27-R1)
  • 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)課題「レジリエントな防災・減災機能の強化」:津波避難訓練および支援ツールの開発研究(H26-H30)
  • 文部科学省受託研究:南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト(H25-R2)
  • 文部科学省受託研究:日本海地震・津波調査プロジェクト(H25-R2)
  • 文部科学省 統合的気候モデル高度化研究プログラム:統合的ハザード予測(H29-R3)
  • 文部科学省 次世代火山研究人材育成総合プロジェクト:火山災害対策技術の開発「リアルタイムの火山灰ハザード評価手法の開発」(H28-R7)
  • 文部科学省 科学技術基礎調査等委託事業: 平成28年熊本地震を踏まえた総合的な活断層調査(H28-H30)
  • 環境研究総合推進費:グリーンインフラを用いた気候変動に伴う沿岸災害の減災評価手法の開発(H29-R1)
◆主な災害調査
  • 2018年6月 大阪府北部地震
  • 2018年7月 平成30年7月豪雨災害
  • 2018年9月 平成30年台風第21号による被害
  • 2018年9月 北海道胆振東部地震による地震災害

社会との連携


地域および世界に開かれた研究所として、地域社会や国際社会との連携そして知の伝達に力を入れています。
災害発生時には、発生直後から現地調査にあたった研究者による調査速報を研究所のウェブサイト等に掲載し、いちはやく情報を公開することに努めています。
また、公開講座(京都と他地域で隔年開催)、京都大学宇治キャンパス公開、研究発表講演会といったイベント(それぞれ年1回開催)では、一般の方々に向けて防災研究の成果をお伝えしています。これらの講演のうち一部についてはYouTubeで映像を公開しています。
全国にある隔地施設においても、宇治川オープンラボラトリー(京都市伏見区)では、水害・土砂災害に関連する大規模実験施設を消防・警察関係者による災害救助実習に利用いただいています。阿武山観測所(大阪府高槻市)では、観測所を地震観測に関するサイエンスミュージアムとして整備し、教職員やボランティアガイドによる親しみやすい案内のもとで見学会を月数回実施しています。

第29回公開講座「災害を知り、災害に備える 九州の近年の災害とこれから」 (2018年10月2日、アクロス福岡)

第29回公開講座「災害を知り、災害に備える 九州の近年の災害とこれから」
(2018年10月2日、アクロス福岡)

ボランティアスタッフが案内する阿武山観測所の地震計見学ツアー

ボランティアスタッフが案内する阿武山観測所の地震計見学ツアー

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80