研究所・研究センター一覧

京都大学複合原子力科学研究所

Institute for Integrated Radiation and Nuclear Science, Kyoto University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
中島 健
Nakajima, Ken
キーワード
研究用原子炉、加速器、核エネルギー利用、放射線利用、 複合原子力科学
住所
〒590-0494
大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目1010

京都⼤学複合原子力科学研究所は、昭和38年「原⼦炉による実験及びこれに関連する研究」を実施する目的で原⼦炉実験所として設置されて以降、全国⼤学共同利⽤研究所(平成22年度から共同利⽤・共同研究拠点)として研究⽤原⼦炉(KUR)や臨界実験装置(KUCA)などを⽤いて、理学、⼯学、医学、農学など多⽅⾯で研究を⾏っています。
毎年、全国から多数の研究者や学⽣などが来所、⼤学が持つ原⼦⼒施設として国内最⼤規模のKURなどを利⽤した実験研究に取り組んでいます。
平成30年4⽉1⽇、新たに異分野融合・新分野創成を目指して 「京都⼤学複合原⼦⼒科学研究所」へ改名すると共に改組を⾏い、新たな研究を育てるためのユニット制も導⼊しました。

令和2年度の研究活動内容及び成果


研究⽤原⼦炉や加速器を⽤いる共同利⽤・共同研究を軸として、複合的な原⼦⼒科学の発展と有効利⽤に向けた先導的研究を推進しています。

原⼦炉を⽤いる研究は多くの分野に広がるとともに、近年は原⼦炉だけではなく加速器などを併⽤する研究が進展し、従来の研究分野を超えた異なる分野の研究者が共同して⾏う複合的な原⼦⼒科学の研究を強⼒に推進しています。このため、多様化する新たな研究ニーズに対応し得る施設・設備の導⼊・整備に努めながら、原⼦⼒・放射線施設の特質に鑑み、複合原⼦⼒科学研究所の教員が全国の研究者と共同で⾏うプロジェクト研究を重視して、世界をリードする研究教育活動を発展的に展開する活動を進めています。また、原⼦⼒の安全強化が必要とされていることへも鑑み、並⾏して原⼦⼒利⽤を⽀えるための安全基盤としての科学的視点研究および実験教育活動を強化してきました。このように安全で効率的な原⼦⼒・放射線の有効利⽤に必須の基礎・基盤的知⾒の集積とそれらの活⽤による物質・材料研究やホウ素中性子捕捉療法(BNCT)研究他の発展と具体的成果の社会還元、及び⼈材育成への貢献をめざして活動し、多くの成果を挙げています。

これらに加えて、研究ユニット制を新たに導⼊して異分野融合・新分野創成を目指した研究活動を推進することを強化しています。

社会との連携


情報発信と連携活動

これまでに京大複合研では、584件のBNCT事例を扱い(1974年~2019年)、世界最多の症例数、対象疾患を扱い、2012年~2018年には、治験(患者治療)として、悪性神経膠腫(第1, 2相)、頭頸部腫瘍(第1相)の患者さんを受け入れてきました。こうした臨床研究の下に、BNCTは大学発の研究成果の社会実装段階へと進んでいます(頭頸部がんに対する保険診療開始;2021年6月~)。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80