研究所・研究センター一覧

京都大学東南アジア地域研究研究所

Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
河野 泰之
Kono, Yasuyuki
キーワード
持続型生存基盤研究、文理融合アプローチ、フィールド・サイエンス、相関型地域研究、地域情報学
住所
〒606-8501
京都府京都市左京区吉田下阿達町46
アカデミズムの新たな展開を求めて-フィールドからの発想を世界へ-

東南アジア研究所と地域研究統合情報センターは201711日付で統合し、東南アジア地域研究研究所として再出発しました。世界は大きく動いています。グローバル化の進行が政治や経済のしくみを再編しつつあります。ICTを中心とする科学技術の進歩にはめざましいものがあります。同時に、地球環境の不安定化や少子高齢化、紛争やテロ、新興感染症など、人類社会の基盤を揺るがしかねないリスクにも直面しています。新研究所では、人類社会のより健全で持続的な成長に貢献するために、50年を超える東南アジアに関する総合的研究の成果と世界諸地域を対象とした地域情報の蓄積、アカデミズムを超えた研究の拡がりを統合し、これまで以上に幅広い研究分野の協力を得て、フィールドからの発想、多様な地域社会の活力を導き出す構想、自然環境と調和した人類社会を目指す展望を、世界にむけて発信、提言していきます。

平成28年度の研究活動内容及び成果


地域の多様性に即して、地球環境と調和した社会イノベーションを促進

日本や東南アジアが直面する地球規模の諸課題に取り組むべく、「ライフとグリーンを基軸とする持続型社会発展研究のアジア展開-東アジア共同体構想を支える理念と人的ネットワークの強化-」(2011-2016年度)、「頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム-世界の成長と共存を目指す革新的生存基盤研究のための日・アセアン協働強化」(2014-2016年度)、「日アセアン科学技術イノベーション共同研究拠点-持続可能開発研究の推進-(JASTIP)」(2015-2020年度)、「日アセアン協働による超学際生存基盤研究の推進」(2016-2021年度)による国際共同研究を推進しています。また、2009年から始まった文部科学省認定共同利用・共同研究拠点として「東南アジア研究の国際共同研究拠点」(IPCR)と「地域情報資源の共有化と相関型地域研究の推進拠点」(CIRAS)の公募型共同研究活動を通じて、国内外の研究者ネットワークと拠点形成による共同研究を継続していきます。

社会との連携


国境を超えて課題に取り組むコミュニティを形成

地域の課題に取り組む学際・国際的な教育・研究の場を内外の若手研究者に提供しています。また、社会との対話から生まれたアイディアを研究活動に反映させ、日本と世界が直面する課題に取り組んでいます。

1976 年以来国内外で学部生や大学院生、社会人、若手教員らを対象として東南アジアセミナーを開催

1976 年以来国内外で学部生や大学院生、社会人、若手教員らを対象として東南アジアセミナーを開催

産学共同研究としてホタテ貝殻を利用した新たな殺菌法を開発

産学共同研究としてホタテ貝殻を利用した新たな殺菌法を開発

2016年熊本地震被災地で実施した日本、インドネシア、フィリピン、マレーシア4カ国研究者による国際合同調査

2016年熊本地震被災地で実施した日本、インドネシア、フィリピン、マレーシア4カ国研究者による国際合同調査

ミャンマーの農業・畜産・農村開発委員会、ヤンゴン大学、SEAME=CHAT、農業省研究者による宮津市市役所表敬訪問(2016年12月16日)

ミャンマーの農業・畜産・農村開発委員会、ヤンゴン大学、SEAME=CHAT、農業省研究者による宮津市市役所表敬訪問(2016年12月16日)

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80