研究所・研究センター一覧

京都大学東南アジア地域研究研究所

Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
速水 洋子
Hayami, Yoko
キーワード
持続型生存基盤研究、文理融合アプローチ、フィールド・サイエンス、相関型地域研究、地域情報学
住所
〒606-8501
京都府京都市左京区吉田下阿達町46
東南アジアと諸地域の多元性に学ぶ
アカデミズムの新たな展開を求めて-フィールドからの発想を世界へ-

東南アジア地域研究研究所は、2017年1月1日に、旧東南アジア研究所と旧地域研究統合情報センターの二部局が統合して、新たにスタートしました。グローバル化が進む現在、我々は環境劣化や感染症、災害、少子高齢化、民主化の停滞、経済格差や民族と宗教をめぐる抗争をはじめ、さまざまなリスクに直面しています。本研究所では、人類社会のより健全で持続的な成長に貢献するために、50年を超える東南アジアに関する総合的研究の成果と世界諸地域を対象とした地域情報の蓄積、アカデミズムを超えた研究の拡がりを統合し、これまで以上に幅広い研究分野の協力を得て、フィールドからの発想、多様な地域社会の活力を導き出す構想、自然環境と調和した人類社会を目指す展望を、世界にむけて発信、提言していきます。

令和2年度の研究活動内容及び成果


現在のグローバルな課題に取り組み、自然環境と人類社会の持続的な共存に向けた展望を世界に発信

21世紀人類社会の成長を支え、グローバルな喫緊諸課題に取り組むために、「日アセアン協働による超学際生存基盤研究の推進」(2016-2021年度)による自然と社会の多様性に立脚した生存基盤研究を、「日アセアン科学技術イノベーション共同研究拠点-持続可能開発研究の推進-(JASTIP)」では、オールジャパン・オールアセアン体制のもとに、日アセアン科学技術協力プラットフォーム構築を推進しています。また、2009年から文部科学省認定共同利用・共同研究拠点として「東南アジア研究の国際共同研究拠点」(IPCR)と「地域情報資源の共有化と相関型地域研究の推進拠点」(CIRAS)の公募型共同研究活動を通じて、国内外の研究者ネットワークと拠点形成による共同研究を継続しています。また所員は書籍出版活動のほか、コロキアム、特別セミナー、資料・情報の発信にも力を入れ、世界各地の研究者達と意見交換をして研究を発展させています。4月に立ち上げたオンラインプラットフォーム「Corona Chronicles: Voices from the Field(コロナ・クロニクル-現場の声)」では、東南アジア地域を中心に、現場・現地のさまざまな視点や声を集め、これまでに89件の記事を配信しました。

Corona Chronicles: Voices from the Field

Corona Chronicles: Voices from the Field

アジアに関する最新書籍を紹介する音声プログラム「ブックトーク・オン・アジア」

アジアに関する最新書籍を紹介する音声プログラム「ブックトーク・オン・アジア」

毎月開催しているコロキアム。1月期は所員の展開してきた海域南アジア遺産のデジタル・ドキュメントの制作の様子について取り上げた

毎月開催しているコロキアム。1月期は所員の展開してきた海域南アジア遺産のデジタル・ドキュメントの制作の様子について取り上げた

社会との連携


国境を超えて課題に取り組むコミュニティを形成

地域の課題に取り組む学際・国際的な教育・研究の場を内外の若手研究者に提供しています。また、社会との対話から生まれたアイディアを研究活動に反映させ、日本と世界が直面する課題に取り組んでいます。

今年度に開催されたイベントの一部。左から、韓国東南アジア学会との合同会議、ライブ配信イベント「最前線からの報告: コロナウィルスを報道する東南アジアのメディアの可能性と限界」、1977年から毎年開催している「東南アジアセミナー」

今年度に開催されたイベントの一部。左から、韓国東南アジア学会との合同会議、ライブ配信イベント「最前線からの報告: コロナウィルスを報道する東南アジアのメディアの可能性と限界」、1977年から毎年開催している「東南アジアセミナー」

世界各地から集まったポスドク研究者達の交流

世界各地から集まったポスドク研究者達の交流

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80