研究所・研究センター一覧

京都大学数理解析研究所

Research Institute for Mathematical Sciences, Kyoto University
  • 第1部会
  • 国際共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
熊谷 隆
Kumagai, Takashi
キーワード
数学、数理科学
住所
〒606-8502
京都府京都市左京区北白川追分町

数理解析研究所は、数学と数理科学の研究所として昭和38年に全国共同利用研究所として設置されました。現在では、所員による研究、共同利用事業の実施、大学院教育を3本柱として、研究分野は純粋数学から応用数学、数理物理学、コンピュータサイエンスに及び、独自の大学院教育とポスドクの育成にも力を入れています。21世紀COE(平成15~19年)、グローバルCOE(平成20~24年)の拠点に続き、平成30年11月には国際共同利用・共同研究拠点に認定されました。創立以来、数理解析研究所は数々の世界的業績を挙げてきましたが、特に、伊藤清による確率微分方程式の発見、佐藤幹夫らによる代数解析学の構築、代数多様体に対する廣中平祐理論・森重文理論などは独創的なものとして国際的に高く評価されています。また研究集会等の共同利用事業は毎年80回を越え、参加者は約4,000名、延べ約16,000名に達しており、多くは英語を公用語として、国際共同研究プロジェクトである「訪問滞在型研究」と共に多数の外国人研究者が参加しています。

令和2年度の研究活動内容及び成果


令和2年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受け中止や延期となる共同研究が相次いだため、オンライン型共同研究やハイブリッド型共同研究を推進しました。国際共同利用・共同研究拠点事業全体で、RIMS共同研究(公開型)29件、RIMS共同研究(グループ型)8件を実施し、総計2,940名(オンライン参加含む。うち海外より323名)が参加しました。また、数理解析研究所における共同利用研究の成果として、講究録26冊を刊行しました。
数理解析研究所所員による活動としては、例えば、小林佑輔准教授による組合せ最適化におけるアルゴリズム理論の研究が挙げられます。これは、実社会における諸問題のモデル化・数学的抽象化により生じる組合せ最適化問題に対して、効率的アルゴリズムの開発および理論解析を行い、効率的に解ける問題の限界を追究するものであり、特に、40年近く未解決であった重み付き線形マトロイドパリティと呼ばれる問題に対して初の多項式時間アルゴリズムを与えることに成功しました。

ハイブリッド型共同研究の様子1

ハイブリッド型共同研究の様子1

ハイブリッド型共同研究の様子2

ハイブリッド型共同研究の様子2

ハイブリッド型共同研究の様子3

ハイブリッド型共同研究の様子3

組合せ最適化におけるアルゴリズム理論の研究

組合せ最適化におけるアルゴリズム理論の研究

社会との連携


数学の研究と社会との関わり

数学はその高度な整合性を通じて自然科学や経済学など様々な分野に貢献してきました。現代の最先端の数学もまたそのような学問の拡がりが期待されています。数理解析研究所では研究の最先端にある数学の状況を広く一般の方々にも知っていただくために30年余り前から毎夏「数学入門公開講座」を開催し毎年約100名が参加しています。令和2年度は新型コロナウイルス感染症の影響を受け中止となりましたが、令和3年度にはハイブリッド形式で実施を予定しています。
数学の魅力を発信する試みとしては、大阪市立大学数学研究所、九州大学マス・フォア・インダストリ研究所、情報・システム研究機構統計数理研究所、明治大学先端数理科学インスティテュートと合同で「数学・数理科学5研究拠点合同市民講演会」を毎年実施しています。
またコンピュータサイエンスの研究を通じて数理解析研究所で開発された Kyoto Common LISP 等のプログラミング言語処理系や日本語入力システム Wnn は社会で広く用いられています。

公開講座

公開講座

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80