研究所・研究センター一覧

京都大学基礎物理学研究所

Yukawa Institute for Theoretical Physics, Kyoto University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
青木 愼也
Aoki, Sinya
キーワード
素粒子論、原子核理論、物性理論、宇宙論
住所
〒606-8502
京都府京都市左京区北白川追分町

基礎物理学研究所は、1949年の湯川秀樹博士のノーベル物理学賞受賞を記念して、1953年に「素粒子論その他の基礎物理学の研究」を目的とし、我が国で初の全国共同利用研究所として創設されました。1990年広島大学理論物理学研究所と統合の後、1995年新研究棟が完成、2003年「物理学基礎」「物質構造」「極限構造」の3大部門へと改組しました。2007年には、5年間の事業として滞在型の国際研究集会を行う「クォーク・ハドロン科学国際共同研究プログラム」が発足し、国際的研究拠点として理論物理学の基礎的諸分野における先端的な研究活動を行ってきました。2008年4月「パナソニック国際交流ホール」が完成し、同年12月に元所長の益川敏英博士がノーベル物理学賞を受賞しました。2011年4月には、益川ホールを併設した北部総合教育研究棟が完成し、さらに「クォーク・ハドロン科学国際共同研究プログラム」予算が恒久化しました。これにより、世界の第一線の研究者達が常時集い研究を進める、先導的国際共同研究拠点としての機能が整いました。2015年7月に、本研究所と学内11部局(現在14部局)の連携により「未来創成学国際研究ユニット」が発足しました。

平成28年度の研究活動内容及び成果


世界の第一線で活躍する研究者による理論物理学の国際共同研究を推進しています。2016年度は素粒子・原子核・宇宙・物性の最新テーマを扱う国際研究集会8件と、主に国内研究者向け研究集会を9件開催すると共に滞在型研究集会やYukawa International Seminar(国際会議)、西宮湯川国際理論物理学ワークショップなど大規模なものから十数名単位の小規模なものまで多数の研究会を行い、内外研究者の研究活動に貢献しました。また、2016年4月に重力物理学研究センターを設置し、重力物理学の創成を目指した研究体制が発足しました。

重力物理学研究センター

社会との連携


2017年2月10日、京都大学百周年記念館において、本研究所及び未来創成学国際研究ユニット主催のシンポジウム「奇跡への挑戦」を開催しました。第一部では音楽家・喜多郎さんによる、古事記を題材とした独創的な音楽に最新宇宙科学の成果を取り入れた『古事記と宇宙』のライブコンサートを行い、第二部では、仏教学者・佐々木閑さんを交え、新たな「奇跡への挑戦」に向けて「こころの本質、宇宙と未来の展望」についてパネル討論を実施しました。約200名の来場者があり、アンケートでは、「すばらしかった」「心地よかった」「時計台で久しぶりに充実しました」「大変感動しました」「楽しかった」「今後も続けてほしい」等の意見が寄せられました。

 

シンポジウム

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80