研究所・研究センター一覧

京都大学化学研究所

Institute for Chemical Research, Kyoto University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
辻井 敬亘
Tsujii, Yoshinobu
キーワード
化学、元素科学、物性科学、生物・情報学、ビーム科学、および学際プラットフォーム
住所
〒611-0011
京都府宇治市五ケ庄
設立理念「化学に関する特殊事項の学理及びその応用の研究を掌る」を時宜に応じて…

1926年設立の京都大学で最初の附置研究所で、研究教育分野を単純明快に指す研究所名と自負しています。30研究領域(専任教員約90名、大学院学生210名、研究員約60名、別に5客員研究領域)からなる5研究系・3附属センター体制をとっています。化学を中心に物理・生物・情報に及ぶ各研究領域が特徴ある研究を展開する一方、多分野共同体として相互連携も図っています。2010年度より文部科学大臣認定の共同利用・共同研究拠点活動を行い、2018年度、全国6拠点の1つとして国際共同利用・共同研究拠点への認定を受け「化学関連分野の深化・連携を基軸とする先端・学際グローバル研究拠点」として国際的ハブ機能を担い、国際共同利用・共同研究の一層の促進、国際学術ネットワークの充実、国際的視野をもつ若手研究者の育成に取り組むとともに、当該分野の更なる深耕と国際的境界学術分野の新規開拓を推進しています。教育面でも、それぞれの研究領域が理、工、農、薬、医、情報学の各研究科協力講座として有為な若手研究者の育成に努め、学部教育や全学共通教育にも積極的に貢献しています。

平成30年度の研究活動内容及び成果


赤外光を電気エネルギーや信号に変換する無色透明な材料の開発
―見えない電子デバイスの開発への道―

光を信号やエネルギーに変換することができる無色透明な材料は、例えば、目に見えない通信デバイスや、センサー、太陽電池といったSF小説のような先端技術を実現するキーテクノロジーとなります。紫外域の光を用いれば、無色透明でありながら光をエネルギーや信号に変換できる材料を作ることはできますが、紫外光は通信、エネルギー変換に向いていないため、長波長で不可視の光である赤外光を電気エネルギーや信号に変換することのできる新しい材料の開発が強く求められていました。
本研究所、坂本雅典准教授、寺西利治教授らの研究グループは、赤外域に局在表面プラズモン共鳴(LSPR : Localized Surface Plasmon Resonance)を示す無機ナノ粒子を用いて、赤外光を電気エネルギーや信号に変換することのできる無色透明な材料の開発を行いました。赤外域にLSPRを示すスズドープ酸化インジウムナノ粒子を光吸収材に応用することで、透明性(可視域の透過率95%以上)と高い赤外光誘起電子移動効率(電荷注入効率33%)を両立することに成功しました。また、本材料は1,400–4,000 ナノメートルという近赤外域から中赤外域の光に応答することが明らかになりました。本成果は、目に見えない太陽電池、通信機器、光学センサーなどの最先端デバイスの開発への応用が期待されます。

透明赤外材料を塗布したガラス基板。一般的なガラス板と見分けがつかない。

透明赤外材料を塗布したガラス基板。一般的なガラス板と見分けがつかない。

社会との連携


産官学連携・教育支援・研究情報発信

科学技術の高度化・専門分化が加速される中、産業界や官界との研究連携はその意義を一層深めています。本研究所では、多くの受託研究、共同研究などを通じて産官学連携研究の推進に注力しています。また、より広い社会貢献にも積極的で、所外研究者・一般社会人に対しても、秋の宇治キャンパス公開時の公開講演会(第25回[2018年])や研究室公開、化学研究所研究発表会(第118回[2018年])などを開催し、最新の研究成果の発信を行っています。また、「理科離れ」が指摘される中、中等教育への積極的な協力(見学・体験実験の対応や教員の出前授業など)も行っています。

会場の様子

会場の様子

【国際交流】
化学研究所では、部局間学術交流協定(平成31年4月時点で69件)などを基盤に、多くの海外研究機関と積極的な国際交流を実践してきました。これを一層推進すべく、平成23年度から、若手教員や大学院生などの短期の研究滞在を対象として、当研究所からの派遣と海外からの受入を支援する「化学研究所若手研究者国際短期派遣・受入事業」を実施しています。

復旦大学化学科での集合写真

復旦大学化学科での集合写真

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80