研究所・研究センター一覧

京都大学人文科学研究所

Institute for Research in Humanities, Kyoto University
  • 第3部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
岡村 秀典
Okamura, Hidenori
キーワード
人文学、人類学、社会学、情報学、科学史、中国学、東洋学、現代中国研究
住所
〒606-8501
京都府京都市左京区吉田本町
文献会読、フィールドワーク、共同研究

人文科学研究所は1929年に外務省が設立した東方文化学院京都研究所(のち東方文化研究所に改称)、その後に民間団体が設立したドイツ文化研究所(のち西洋文化研究所に改称)と京都大学人文科学研究所の3研究所が1949年に統合し、新たに「世界文化に関する人文科学の総合研究」を目的として発足しました。この間、国内外の研究者たちと連携し、古典文献の会読、フィールド調査、そして相互討論を通じて考察を深める共同研究を高頻度で開催することにより、多民族・多文化間の調和ある共生に資する知見を発信してきました。現在は人文学・東方学の2研究部と東アジア人文情報学・現代中国の2附属研究センターから構成され、2010年からは共同利用・共同研究拠点の「人文学諸領域の複合的共同研究国際拠点」として活動しています。

平成30年度の研究活動内容及び成果


「人文学諸領域の複合的共同研究国際拠点」として

拠点の中間評価を受けて、以前からの課題公募班(一般A)のほかに、40歳未満の若手から公募する若手A班と国際研究ミーティングを新設し、国際シンポジウム・ワークショップを積極的に開催しました。毎週や隔週という高頻度で開かれる共同研究は計27班、参加者は年間のべ1万人を数え、その半数以上が学外のメンバーで構成されています。共同利用拠点としては、附属東アジア人文情報学研究センターで公開している所蔵石刻拓本資料(拓本文字データベース)は年間1520万件のアクセスがあり、東洋学文献類目検索や全国漢籍データベースなどを含めると、1日あたり平均11万件あまりのアクセス数におよんでいます。また、中国社会科学院考古研究所との共同編集になる日英語版と中国語版の『雲岡石窟』全20巻42冊(科学出版社、北京)が完結しました。

京都大学人文科学研究所・中国社会科学院考古研究所共編『雲岡石窟』全20巻42冊(日英語版・中国語版)

京都大学人文科学研究所・中国社会科学院考古研究所共編『雲岡石窟』全20巻42冊(日英語版・中国語版)

社会との連携


「人文研アカデミー」の活況

人文研は当初から夏期講座(7月)や開所記念講演会(11月)を通じて研究成果の社会還元に努めてきました。2006年に「人文研アカデミー」を発足させ、共同研究の最新成果を世に問うセミナー、レクチャー・コンサート、タイムリーな問題を討議する特別シンポジウムなどを年間30回近く企画実施しています。このほか附属東アジア人文情報学研究センターでは2005年より東京で中国学にかんする「TOKYO漢籍SEMINAR」(年1回)を開催しています。さらにフランス国立極東学院京都支部・イタリア東方学研究所との共催による「Kyoto Lectures」(毎月)や高大連携事業として「高校生のための夏期セミナー」など新たな試みにも挑戦しています。対話とふれあいの場としての開かれた研究所をめざす活動の一環です。

人文研アカデミー2019

人文研アカデミー2019

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80