研究所・研究センター一覧

京都大学ウイルス・再生医科学研究所

Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
小柳 義夫
Koyanagi, Yoshio
キーワード
ウイルス学、生命科学、分子生物学、細胞生物学、再生生物学、幹細胞、医工学、再生医療
住所
〒606-8507
京都府京都市左京区聖護院川原町53

生物学でいう進化現象を人間社会でも見出せるかもしれません。京都大学の生命医科学分野の研究所であるウイルス研究所と再生医科学研究所は、平成28年10月に組織統合し、「ウイルス・再生医科学研究所」として発足しました。私たちは研究所が「進化」したと考えています。もちろん進化現象は、ある目的にために起きるイベントではありませんが、私たちは、この組織統合がイノベーションの発展につながると考えています。
本研究所は「ウイルス感染症・生命科学先端融合的共同研究拠点」と「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」として研究者の活動支援を行ってきました。これらの活動とともに、再生医学やウイルス学に加え、幅広い基礎生命医科学における独自の研究活動を行っています。さらに、システム研究などの新分野を展開させる予定です。

平成29年度の研究活動内容及び成果


グルココルチコイドは免疫機能を高める ー 免疫の新たな昼夜サイクルを解明

グルココルチコイドは強い免疫抑制作用を持ち、抗炎症剤や免疫抑制薬としてさまざまな病気の治療に用いられています。グルココルチコイドの濃度は日内変動していますが、免疫機能との関係についてはこれまで不明でした。本研究所の生田宏一教授らの研究グループは、体内のグルココルチコイドが、Tリンパ球のサイトカイン受容体IL-7Rとケモカイン受容体CXCR4の発現量を夜間に高め昼間に下げていること、その日内変動が、昼間に血中に留まり夜間にリンパ組織に集まるTリンパ球の体内分布の日内変動を引き起こしていることを明らかにしました。さらに、Tリンパ球が夜間にリンパ組織に集まることにより、リンパ球がより効率的に活性化され、強い免疫応答が引き起こされることがわかりました。以上の結果から、免疫抑制作用で有名なグルココルチコイドが、生体内においてはTリンパ球の循環と応答の日内変動を制御することで、逆に免疫機能を高める働きをもつことが明らかになりました。今回発見したメカニズムは、不規則な生活によるグルココルチコイドの分泌の乱れが免疫力の低下をもたらす可能性を示唆します。

グルココルチコイドによるTリンパ球の循環と応答の日内変動の制御

グルココルチコイドによるTリンパ球の循環と応答の日内変動の制御

妊娠期における腹部皮膚の拡張を担う細胞集団の同定

皮膚は、体形の変化に応じて柔軟に拡張・収縮します。特に妊娠期には、胎児の成長に伴って母体腹部の皮膚が急速に広がりますが、その仕組みは不明でした。本研究では、妊娠マウスの腹部皮膚において、表皮幹細胞から増殖率の高い細胞集団が産生されること、この細胞集団の維持は転写因子Tbx3に依存すること、この細胞集団の出現の引き金となるのは真皮細胞が分泌するタンパク質であることを明らかにしました。この増殖性の細胞集団は、皮膚の創傷時にも出現して傷の治りを促す働きがあります。この成果は、皮膚の拡張を促す新たな再生医療の開発につながると考えています。

社会との連携


ウイルス・再生医科学研究所では、教育・啓蒙活動にも積極的に取り組んでいます。協力講座として医学、生命科学、理学、人間・環境学、薬学、工学の各研究科の大学院教育及び全学教育を行うとともに、学内外に向けた講演会、シンポジウム、研究所見学会を開催し、日々研究室で行われている研究を、中高生や社会一般の方々に分かりやすく紹介しています。
また、産官学連携を積極的に推進し、特許等の知的財産の創出とライセンシングを通じて研究成果の実用化を推進しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80