研究所・研究センター一覧

京都大学ウイルス・再生医科学研究所

Institute for Frontier Life and Medical Sciences, Kyoto University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
小柳 義夫
Koyanagi, Yoshio
キーワード
ウイルス学、生命科学、分子生物学、細胞生物学、組織再生、幹細胞、医工学、再生医療
住所
〒606-8507
京都府京都市左京区聖護院川原町53

生物学でいう進化現象を人間社会でも見出せるかもしれません。京都大学の生命医科学分野の研究所であるウイルス研究所と再生医科学研究所は、平成28年10月に組織統合し、「ウイルス・再生医科学研究所」として発足しました。私たちは研究所が「進化」したと考えています。もちろん進化現象は、ある目的にために起きるイベントではありませんが、私たちは、この組織統合がイノベーションの発展につながると考えています。
本研究所は「ウイルス感染症・生命科学先端融合的共同研究拠点」と「再生医学・再生医療の先端融合的共同研究拠点」として研究者の活動支援を行ってきました。これらの活動とともに、再生医学やウイルス学に加え、幅広い基礎生命医科学における独自の研究活動を行っています。さらに、システム研究などの新分野を展開させる予定です。

令和2年度の研究活動内容及び成果


iPS細胞から再生したキラーT細胞がヒト固形がんモデルで治療効果を発揮

現在行われている自家T細胞を用いたがん免疫療法は、コストが高い、時間がかかる、T細胞の品質が不安定であるなどの問題がありました。再生免疫学分野河本研究室は、この問題を解決するため、他家用iPS細胞に臨床試験済みのWT1抗原特異的T細胞レセプター遺伝子を導入し、そのiPS細胞からキラーT細胞を再生しました。腎がん患者2人から採取したWT1抗原陽性と陰性の腫瘍組織を、免疫不全マウスに移植しました。このマウスに再生キラーT細胞を投与した結果、WT1抗原陽性腫瘍の増大を抑制することが確認できました。固形がんを対象として他家再生キラーT細胞を用いるがん治療戦略を、臨床応用に向けて大きく前進させるものと考えられます。

シングルセルRNA-seqデータの遺伝子発現解析法の開発

1細胞データ分析の一般的なステップでは、1細胞サブセットで発現しているが、他のサブセットでは発現していない遺伝子(つまり、特異的発現遺伝子、DEG)の抽出が重要である。singleCellHaystackと命名したDEGを予測するための新しいアプローチを開発した(Vandenbon and Diez、Nat. Comm., 2020)。既存のアプローチと比較したところ、その手法の利点は、多くの場合任意のクラスタリングに依存しないことである。実際の1細胞データセットを使用して、私たちのアプローチが高精度でDEGとマーカー遺伝子を予測できること、そしてそれは高速な解析であることも示した。これらの結果は、singleCellHaystackが空間的トランスクリプトープの分析にも優れたアプローチであることを示している (図2)

マウス前脳の空間的トランスクリプトームデータセットへの適用例。A-C singleCellHaystackによって予測されて上位3つのDEG。脳内の発現レベル(正規化されたビーズあたりのタグ数)が表示されている。

マウス前脳の空間的トランスクリプトームデータセットへの適用例。A-C singleCellHaystackによって予測されて上位3つのDEG。脳内の発現レベル(正規化されたビーズあたりのタグ数)が表示されている。

社会との連携


ウイルス・再生医科学研究所では、教育・啓蒙活動にも積極的に取り組んでいます。協力講座として医学、生命科学、理学、人間・環境学、薬学、工学の各研究科の大学院教育及び全学教育を行うとともに、学内外に向けた講演会、シンポジウム、研究所見学会を開催し、日々研究室で行われている研究を、中高生や社会一般の方々に分かりやすく紹介しています。
また、産官学連携を積極的に推進し、特許等の知的財産の創出とライセンシングを通じて研究成果の実用化を推進しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80