研究所・研究センター一覧

九州大学先導物質化学研究所

Institute for Materials Chemistry and Engineering, Kyushu University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
林 潤一郎
Hayashi, Jun-ichiro
キーワード
物質化学、ソフトマテリアル、機能材料、 炭素材料、エネルギーデバイス
住所
〒816-8580
福岡県春日市春日公園6-1
物質化学における先導的研究の世界拠点を目指して

先導物質化学研究所は「物質化学における先導的な総合研究」によって21世紀の先端的化学産業技術の礎を築くことを目的として2003年4月に設立されました。有機化学、物理化学およびソフトマテリアルに関する研究グループと、無機およびプロセス工学の研究グループおよび融合材料の研究グループとが連携して、原子・分子・ナノスケールからマクロスケールまでの物質の構造と機能にかかわる基礎学術とその応用に関する世界レベルの中核的研究拠点を形成するべく努力しています。2010年4月より、北大電子研、東北大多元研、東工大資源研、阪大産研とともに、ネットワーク型共同利用・共同研究拠点「物質・デバイス領域共同研究拠点」の一員として活動しています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


他機関との連携

人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス(平成28年度〜):北大電子科学研究所、東北大多元物質科学研究所、東工大化学生命科学研究所と連携して、物質・デバイス・システム領域の共同研究を推進しつつ、異分野および人材を発展的、ダイナミックに交流させるために新規共同研究および実践教育の新たな枠組みを構築しています。
統合物質創製化学研究推進機構(平成28年度〜):北大触媒科学研究所、名大物質科学国際センター、京大化学研究所と連携して、新規物質創製を基盤とする統括的研究プロジェクトを推進しています 。戦略的なガバナンスの下、産官学連携や国際連携を通じて、研究成果を新学術や産業創出にまで発展させます。さらに大学の垣根を越えた活動によって次世代のリーダー研究者の育成も目指して活動しています。

主な受賞、研究成果、外部資金等の獲得

文部科学大臣表彰・科学技術賞(尹 聖昊)、第40回応用物理学会講演奨励賞(龍崎 奏)、安価な鉄錯体を用いて温和な条件下で窒素ガスの触媒的還元に成功(吉澤一成・田中宏昌)、従来の10億分の1のエネルギーで動く分子センサを開発(柳田 剛・長島一樹)、新しいキラルケイ素分子の不斉合成に成功(友岡克彦・井川和宣)、科学研究費(55件)、共同研究(51件)、受託研究(24件、文部科学省、JST/CREST・Impact・A-STEP、NEDO、他)

社会との連携


ネットワーク型共同研究拠点

複数の附置研究所や研究施設が拠点となってネットワークを形成するネットワーク型共同研究拠点事業を、北大電子研、東北大多元研、東工大資源研、 阪大産研とともに実施しています。物質創成開発、物質組織化学、ナノシステム科学、ナノサイエンス・デバイス、物質機能化学の研究領域を横断する「物質・ デバイス領域」で多様な先端的・学際的共同研究を推進するための中核を形成します。これにより、革新的物質・デバイスの創出を目指しています。

産学連携

受託研究や共同研究、組織対応型連携、NEDOプロジェクトを通じて積極的に推進しています。

アウトリーチ活動

オープンキャンパス、出前講義などを通じてアウトリーチ活動を積極的に推進しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80