研究所・研究センター一覧

九州大学マス・フォア・インダストリ研究所

Institute of Mathematics for Industry, Kyushu University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
福本 康秀
Fukumoto, Yasuhide
キーワード
産業数学、数学、数理科学、統計学
住所
〒819-0395
福岡県福岡市西区元岡744

マス・フォア・インダストリ(Mathematics for Industry)とは、純粋・応用数学を流動性・汎用性をもつ形に融合再編しつつ産業界からの要請に応えようとすることで生まれる、未来技術の創出基盤となる数学の新研究領域です。現代社会を牽引する高度テクノロジーのほぼすべてにおいて、その本質的部分は数学を礎石としており、今や、多くの科学技術分野において、数学・数理科学の研究人材はかつてないほど必要とされています。九州大学マス・フォア・インダストリ研究所(IMI)は、そのような国際社会からの要請に応えるため、多様な数学研究を基礎におくアジア初の産業数学の研究所として、平成23年4月1日に創設されました。また、平成25年4月には文部科学省共同利用・共同研究拠点に認定されています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


IMIの研究は純粋数学から数学の産業応用まで幅広い分野にわたり、産業界との共同研究や、将来の連携シーズを求めた基礎研究を行っています。主な研究分野として、統計学、確率論、最適化、情報セキュリティ、バイオインフォマティックス、数理モデル、流体力学、数値解析、数式処理、トポロジー、特異点論、微分幾何、可積分系、表現論、離散数学などがあります。ビッグデータ可視化に特異点論、CGに表現論の研究者など、純粋数学研究者も積極的に産業界との共同研究に参画しています。平成27年4月には先進暗号数理デザイン室を設置し、次世代暗号の研究を強化しました。また、九州大学COI事業の「都市OS」プロジェクトや平成26年に開設した富士通ソーシャル数理共同研究部門などを通じて数学の社会実装にも挑戦しています。平成27年3月にラ・トローブ大学(メルボルン)にIMIオーストラリア分室を開設して正規教員を2名配置し、平成26年創設のアジア太平洋産業数学コンソーシアムの中核機関として、国際産学連携をユニークな形で推進しています。さらに、九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所との共同研究をオーストラリア分室とも連携して実施しています。

91-fig1   91-fig2

 

社会との連携


IMIは数学テクノロジー先端研究部門、応用理論研究部門、基礎理論研究部門の3部門に加え、数学理論先進ソフトウェア開発室、富士通ソーシャル数理共同研究部門と先進暗号数理デザイン室を置き、国際連携の拠点としてラ・トローブ大学(メルボルン)にIMIオーストラリア分室を、産学連携の円滑な実施のため連携推進・技術相談室を設置しています。

  1. IMIコロキウム:産業界の研究者による毎月定例の講演会。
  2. 博士後期課程の大学院生の(海外を含む)長期インターンシップの運営。
  3. スタディグループ・ワークショップ:産業界で生起した数理的問題に対する学生・数学研究者による短期集中問題解決合宿。産学連携の芽の育成を目的として毎年開催。
  4. Forum “Math-for-Industry”:産業数学の最先端の研究に関する毎年開催の国際研究集会。平成28年はオーストラリアで開催予定。

さらに、文部科学省共同利用・共同研究拠点として、公募制の研究集会・短期共同研究の開催、短期研究員受入などの事業を行い、数学に関する産学連携の拠点となっています。

91-fig3

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80