研究所・研究センター一覧

京都大学霊長類研究所

Primate Research Institute, Kyoto University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
湯本 貴和
Yumoto, Takakazu
キーワード
霊長類の総合研究、人間の進化、学際的研究、国際化
住所
〒484-8506
愛知県犬山市官林41-2

霊長類研究所は1967年に「全国共同利用研究所」として、京都大学に附置されて以来、各種霊長類をさまざまな視点から研究し、人間の起源の解明を総合的に進めています。霊長類学は日本の固有種であるニホンザルの野外観察研究からはじまり、日本が世界をリードしてきました。現在では文・理融合型のフィールドからゲノムまでの研究組織を形成し、「ヒトとは何か」の解明を命題として、学際的な研究をめざしています。また、2010年度から共同利用・共同研究拠点として認定され、国内外の研究者が利用できる研究体制をとり、幅広い基礎研究を遂行し、他に類のないユニークな研究を生み出しています。霊長類研究所は現在5研究部門と2附属研究施設を擁し、「くらし」「からだ」「こころ」「ゲノム」のキャッチワードを掲げ、あらゆる角度からヒトを含めた霊長類の解析を推進しています。

令和元年度の研究活動内容及び成果


からだとくらし

マカク類とヒヒ類の本当の形態差異を明らかにする
現生のマカク類とヒヒ類では形態の差異は一目瞭然です。本研究では、そのような形態差異の多くは、体サイズの変異に関連することを明らかにしました。さらに、体サイズの変異の影響を除くことで、一見してはわからない両系統間の形態差異を明らかにしました。化石種では、必ずしも現生近縁種と体サイズが同程度とは限りません。本研究の結果は、化石種の所属系統推定にも役立つと期待されます。

中脳の黒質に分布するドーパミン細胞にはカルシウム結合タンパク質であるカルビンディンを発現しているグループとそうでないグループがあり、パーキンソン病ではカルビンディンを発現していないグループが細胞死を起こすことが明らかになっていました。本研究では、ウイルスベクター技術により正常ではカルビンディンを発現していないドーパミン細胞の多くにカルビンディンを人為的に発現させ、ドーパミン細胞死を防御することに成功しました。この成果は、パーキンソン病の発症や進行を抑える新たな遺伝子治療法の開発に繋がると期待されます。
Movement Disorders, 2019

ゲノム

苦味物質が苦味を抑えることを発見
動物の味覚は種によって異なり、その種が持つ食性に応じて進化してきたと考えられています。本研究では、マダガスカル島に生息する食性の異なるキツネザル3種を用いて苦味受容体TAS2R16の苦味物質に対する応答性を培養細胞を用いて比較しました。その結果、アルブチンとよばれる天然の苦味物質に一部のキツネザルの苦味受容体を抑制する(つまり苦味を抑える)働きがあることを発見しました。このような反応を引き起こすかどうかは、苦味受容体の1か所のアミノ酸変異で決定されており、この変異はキツネザルの祖先で一度起こり、一部の系統で先祖返りして元に戻るような興味深い進化的挙動をしていることが明らかになりました。 Proceedings of the Royal Society B

社会との連携


広報活動

研究成果を社会へ還元する目的の一環として、研究所内での公開講座、霊長類学フォーラム、市民公開、オープンキャンパス等を通して、講演・実習・演習による研究成果の公表や霊長類学の啓発を毎年実施しています。また、年報を作成し、研究成果や実施した事業の報告を自己点検評価として紙面とホームページで公開しています。

国際化戦略

平成22年に国際共同先端研究センターを設置し、英米加の外国人教員を採用するとともに大学院国際コースを実施しています。海外派遣事業等とも連携を図り、国際化を強化し国際共同研究拠点の形成を推進することで、より新しい視点を社会へ還元することを目指します。

教育活動

研究所は「京都大学理学研究科霊長類学・野生動物系」の大学院生の定員を持っており、その一部をつかって国際コースを設置しています。それによって大学院生の外国人比率を30%前後に維持しています。リーディング大学院プログラム・オンリーワン型「霊長類学・ワイルドライフサイエンス」が平成25年度から採択されました。それを基盤にして従来の研究者養成に加えて、新たなグローバルな視点を持った博士を輩出することを目指しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80