研究所・研究センター一覧

京都大学霊長類研究所

Primate Research Institute, Kyoto University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
湯本 貴和
Yumoto, Takakazu
キーワード
霊長類の総合研究、人間の進化、学際的研究、国際化
住所
〒484-8506
愛知県犬山市官林41-2

霊長類研究所は1967年に「全国共同利用研究所」として、京都大学に附置されて以来、各種霊長類をさまざまな視点から研究し、人間の起源の解明を総合的に進めています。霊長類学は日本の固有種であるニホンザルの野外観察研究からはじまり、日本が世界をリードしてきました。現在では文・理融合型のフィールドからゲノムまでの研究組織を形成し、「ヒトとは何か」の解明を命題として、学際的な研究をめざしています。また、2010年度から共同利用・共同研究拠点として認定され、国内外の研究者が利用できる研究体制をとり、幅広い基礎研究を遂行し、他に類のないユニークな研究を生み出しています。霊長類研究所は現在5研究部門と2附属研究施設を擁し、「くらし」「からだ」「こころ」「ゲノム」のキャッチワードを掲げ、あらゆる角度からヒトを含めた霊長類の解析を推進しています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


くらし

ボノボの社会はメスが優位です。メスは連合を組んでオスからの攻撃に対抗することで優位性を保っていることがわかりました。メスは強い親和的関係を結んだメスを選んで連合を組むわけではなく、年下のメスがオスから攻撃を受けた時に、年上のメスたちがそのメスを助けるという形で連合が形成されていました。年上のメスの動きに若い個体が追従することで、集団の凝集性が保たれていることが示唆されます。Animal Behaviour, 2016; Behavioral Ecology and Sociobiology, 2017

からだ

ヒトとチンパンジーの鼻腔における温度と湿度の調整能力を、CT撮像法で作った鼻腔のデジタル三次元形状モデルを用いたコンピューター数値流体力学シミュレーションで評価しました。チンパンジーのシミュレーションは世界初。ヒトは、温度・湿度ともに調整機能がかなり劣っていることがわかりました。また、気候適応ともいわれてきたヒトの外鼻も、ほとんど役に立ってないことがわかりました。PLOS Computational Biology, 2016

こころ

陽電子断層撮影法(PET)による画像化をとおして、生きたサルの脳内で人工受容体が発現する位置や範囲を経時的に観察する技術の確立に成功するとともに、特定の薬剤の全身投与によってサルの脳の標的部位に発現している人工受容体を遠隔操作し、価値判断行動を変化させることに成功しました。Nature Communications, 2016

ゲノム

ニホンザルの甘味受容体は、ヒトが感じられない麦芽糖の甘味を感じられることを発見しました。今回、ニホンザルの甘味受容体の機能測定系を確立することに成功した結果、ニホンザルはヒトが感じられない程度の麦芽糖の甘味もショ糖の甘味と同じくらいに感じることを行動実験と共に示しました。Scientific Reports, 2016

社会との連携


広報活動

研究成果を社会へ還元する目的の一環として、研究所内での公開講座、霊長類学フォーラム、市民公開、オープンキャンパス等を通して、講演・実習・演習による研究成果の公表や霊長類学の啓発を毎年実施しています。また、年報を作成し、研究成果や実施した事業の報告を自己点検評価として紙面とホームページで公開しています。

国際化戦略

平成22年に国際共同先端研究センターを設置し、英米加の外国人教員を採用するとともに大学院国際コースを実施しています。海外派遣事業等とも連携を図り、国際化を強化し国際共同研究拠点の形成を推進することで、より新しい視点を社会へ還元することを目指します。

教育活動

研究所は「京都大学理学研究科霊長類学・野生動物系」の大学院生の定員を持っており、その一部をつかって国際コースを設置しています。それによって大学院生の外国人比率を30%前後に維持しています。リーディング大学院プログラム・オンリーワン型「霊長類学・ワイルドライフサイエンス」が平成25年度から採択されました。それを基盤にして従来の研究者養成に加えて、新たなグローバルな視点を持った博士を輩出することを目指しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80