研究所・研究センター一覧

京都大学霊長類研究所

Primate Research Institute, Kyoto University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
湯本 貴和
Yumoto, Takakazu
キーワード
霊長類の総合研究、人間の進化、学際的研究、国際化
住所
〒484-8506
愛知県犬山市官林41-2

霊長類研究所は1967年に「全国共同利用研究所」として、京都大学に附置されて以来、各種霊長類をさまざまな視点から研究し、人間の起源の解明を総合的に進めています。霊長類学は日本の固有種であるニホンザルの野外観察研究からはじまり、日本が世界をリードしてきました。現在では文・理融合型のフィールドからゲノムまでの研究組織を形成し、「ヒトとは何か」の解明を命題として、学際的な研究をめざしています。また、2010年度から共同利用・共同研究拠点として認定され、国内外の研究者が利用できる研究体制をとり、幅広い基礎研究を遂行し、他に類のないユニークな研究を生み出しています。霊長類研究所は現在5研究部門と2附属研究施設を擁し、「くらし」「からだ」「こころ」「ゲノム」のキャッチワードを掲げ、あらゆる角度からヒトを含めた霊長類の解析を推進しています。

平成27年度の研究活動内容及び成果


くらし:ボノボの進化に新説。従来、ヒト科に属するゴリラ、チンパンジー、ボノボ、ヒトの共通祖先はアフリカ中央部にひろがる熱帯雨林で進化したと漠然と考えられていました。しかし、近年の地質調査からコンゴ川が3400万年前には成立していたことが示されました。生態的ならびに遺伝的な解析データを考慮すると、ボノボは100〜180万年前に厳しい乾燥で浅くなったコンゴ川を渡って、現在の分布域に到達し、独自の進化を遂げたことが示唆されました。Evolutionary Anthropology, 2015

Fig62_02

からだ:CT 撮像法を使用することで、これまで不可能だった内部構造の解析ができるようになりました。顕著な種間変異が存在する副鼻腔の形態の進化的意義を明らかにしました。タイワンザルとニホンザルの種間雑種における形態変異パターンを副鼻腔と顔面頭蓋とで比較することにより, 副鼻腔が顔面頭蓋とは独立の遺伝的・発生的基盤を持つことを示唆する結果を得ました。Biological Journal of the Linnean Society, 2015

Fig62_01

こころ:光照射によって神経活動を活性化させるタンパク質を、眼球運動を制御する特定の神経回路にウイルスベクターを利用して選択的に発現させ、サルの眼球運動を人為的に誘発させることに成功しました。特定の神経回路を狙い撃ちにして、その活動を適切なタイミングで操作・調節できる本技術を応用することにより、パーキンソン病やうつ病などに対するより効果的な治療法の開発につながることが期待されます。
Nature Communications, 2015

Fig62_04

ゲノム:ニホンザルの紀伊集団に苦みを受容しない変異を発見。苦味感覚は本来、植物などがもつ毒物に対する防御機構として動物の味覚に備わっています。しかし、ヒトやその他の霊長類において、苦味を感じる個体と感じない個体がいることが、様々な霊長類でわかってきました。ニホンザルでは苦み受容体遺伝子の開始コドンが壊れていることを発見しました。環境と行動と遺伝子の関係がゲノムを通して解析できるようになりました。PLOS ONE, 2015

Fig62_03

社会との連携


広報活動:研究成果を社会へ還元する目的の一環として、研究所内での公開講座、霊長類学フォーラム、市民公開、オープンキャンパス等を通して、講演・実習・演習による研究成果の公表や霊長類学の啓発を毎年実施しています。また、年報を作成し、研究成果や実施した事業の報告を自己点検評価として紙面とホームページで公開しています。

国際化戦略:平成22年に国際共同先端研究センターを設置し、英米加の外国人教員を採用するとともに大学院国際コースを実施しています。海外派遣事業等とも連携を図り、国際化を強化し国際共同研究拠点の形成を推進することで、より新しい視点を社会へ還元することを目指します。

教育活動:研究所は「京都大学理学研究科霊長類学・野生動物系」の大学院生の定員を持っており、その一部をつかって国際コースを設置しています。それによって大学院生の外国人比率を30%前後に維持しています。リーディング大学院プログラム・オンリーワン型「霊長類学・ワイルドライフサイエンス」が平成25年度から採択されました。それを基盤にして従来の研究者養成に加えて、新たなグローバルな視点を持った博士(「国連や国際NGO で活躍する生物保全の専門家」「博物館・動物園・水族館で活躍するキュレーター(博士学芸員)」「長い歳月をかけて一国丸ごとを対象としたアウトリーチ」)も輩出することを目指しています。

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80