研究所・研究センター一覧

京都大学放射線生物研究センター

Radiation Biology Center, Kyoto University
  • 第2部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


センター長
高田 穣
Takata, Minoru
キーワード
放射線生物影響、DNA損傷修復、細胞周期チェックポイント、クロマチンダイナミクス
住所
〒606-8501
京都府京都市左京区吉田近衛町

放射線生物研究センターは、放射線が生物に及ぼす影響に関する基礎研究を行うとともに、研究の交流と協力の推進を目的に、1976 年に設立された全国共同利用研究センターです。人類が放射線を入手した百年余の歴史の生物影響に留まらず、数十億年の生物進化により獲得した生命のゲノム恒常的維持機構を追求しています。全国の研究者およびコミュニティとの共同研究推進が、放射線生物研究センターに期待されている役割です。各種放射線線源と放射線生物効果の解析装置の利用機会の提供、そして放射線感受性細胞などの研究資材や実験技術供与、さらには先端研究や研究技術開発について共同研究を推進します。また、この領域の研究情報交換ならびに研究者交流のために国際シンポジウムなどの研究集会を定期的に開催します。

平成27年度の研究活動内容及び成果


DNA損傷応答におけるアセチル化H2AXの動的変化の意義

放射線などによるDNA損傷部位には、DNA損傷への細胞応答を活性化させる因子も集積します。いわばDNA損傷部位は、DNA損傷応答シグナルの発信源とも言えます。しかし、これまでDNA損傷応答シグナルの活性化因子が、DNA損傷部位に集積する仕組みは不明でした。今回、当研究所の井倉らは、TIP60と呼ばれるアセチル化酵素によってアセチル化されたヒストンの一種のH2AXが、クロマチンから放出され、DNA損傷シグナルの活性化因子であるNBS1と結合して損傷DNA領域へ取り込まれることを明らかにしました。このことがDNA損傷部位に集積するNBS1の限局化を促進し、非損傷領域への拡散を防ぐことに重要な働きをしていたのです。

Fig66_01

社会との連携


福島第一原発事故により、社会に放射線被曝への不安が広がりました。また、高齢化社会を迎えて、癌の放射線治療は老人に負荷の少ない治療方法としてますます重要性が認識されています。我々の目指す先端放射線生物学は、ゲノムへの損傷応答を分子のレベルで研究しそのメカニズムを解明します。生命の根本に関わるライフサイエンスとしての重要性のみならず、放射線リスク評価の学術的基盤として、 また放射線治療の分子生物学的基盤として現代の社会生活と密接に関わる研究領域であり、国民生活の安全と安心を確保することが我々の使命です。

 

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80