研究所・研究センター一覧

京都大学原子炉実験所

Research Reactor Institute, Kyoto University
  • 第1部会
  • 共同利用・共同研究拠点

研究所・センターの概要


所長
川端 祐司
Kawabata, Yuji
キーワード
研究用原子炉、加速器、核エネルギー利用、 放射線利用、複合原子力科学
住所
〒590-0494
大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目1010
原子炉による実験及びこれに関連する研究

京都大学原子炉実験所は、昭和38年の設置以来、全国大学共同利用研究所(平成22年度からは共同利用・共同研究拠点として事業を開始)として研究用原子炉(KUR)や臨界集合体実験装置(KUCA)などを用いて、理学、工学、農学、医学などの多方面にわたる研究を行っています。毎年、全国から多数の研究者や学生などが来所し、大学の持つ原子力施設としては国内最大規模のKURなどを利用した実験研究に取り組んでいます。今日、原子力利用の各分野において大学の果たす役割への期待がますます高まっており、このような期待に応えるべく、従来から行われてきた核エネルギー利用と放射線・粒子線利用に関する特徴的な研究のさらなる展開を図るため、固定磁場強集束型(FFAG)加速器をKUCAと結合させた加速器駆動システム(ADS)の基礎研究を推進するとともに、原子炉や加速器を用いた粒子線物質科学、がん治療を視野に入れた放射線生命医科学研究などの研究を進めています。

平成28年度の研究活動内容及び成果


複合原子力科学の有効利用に向けた先導的研究の推進

研究用原子炉や加速器を用いる共同利用・共同研究を軸に、複合的な原子力科学の発展と有効利用に向けた先導的研究を推進しています。原子炉を用いる研究は多くの分野に広がるとともに、例えばADS研究やホウ素中性子捕捉療法(BNCT)研究のように、原子炉だけではなく加速器などを併用する研究が進展しており、従来の研究の分野を超えが異なる分野の研究者が共同して行う複合的な原子力科学の研究を強力に推進しています。このため、多様化する新たな研究ニーズに対応し得る施設・設備の導入・整備に努めつつ、原子力・放射線施設の特質に鑑み、原子炉実験所の教員が全国の研究者と共同で行うプロジェクト研究を重視し、世界をリードする研究教育活動を発展的に展開する活動を進めています。また、原子力安全の強化が必要とされていることにも鑑み、並行して原子力利用を支えるための安全基盤としての科学的視点からの研究および実験教育活動を強化してきました。平成28年度は、このような安全で効率的な原子力・放射線の有効利用に必須の基礎・基盤的知見の集積、それらの活用による物質・材料研究やBNCT研究等の発展と具体的成果の社会還元、及び人材育成への貢献をめざして活動し、多くの成果を挙げています。

原子炉実験所の主要施設(

原子炉実験所の主要施設

複合原子力科学

複合原子力科学

社会との連携


情報発信と連携活動

社会への情報発信の一環として、定期的に「アトムサイエンスくまとり」を刊行するとともに、施設の一般公開や講演会活動などを行っています。また、BNCTなどの研究成果を地域社会や産業に還元する仕組みを構築するため、地域自治体等との連携活動を行っています。

講演会

講演会

実験教室

実験教室

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80