研究所・研究センター一覧

京都大学こころの未来研究センター

Kokoro research center, Kyoto University
  • 第3部会

研究所・センターの概要


センター長
河合 俊雄
Kawai, Toshio
キーワード
こころの学際研究、心理学、脳科学、人文社会科学、基礎研究と社会連携
住所
〒606-8501
京都市左京区吉田下阿達町46

こころの未来研究センターは、「こころ」を探求する学際的研究組織として2007年4月1日に設置されました。当センターは、その研究成果に基づいて、未来に向かって生きるこころのあり方を示すことをミッションとして、心理学、認知科学、脳科学、神経生理学、公共政策学、美学芸術学、仏教学など多彩な専門分野の研究者が「こころとからだ」「こころときずな」「こころと生き方」の3領域に関わる研究プロジェクトを推進しています。また、研究成果を社会に向けて発信することにも力を入れており、毎年多くの公開シンポジウムや教育事業(支える人の学びの場「こころ塾」など)を実施しています。研究スタッフは、2018年4月現在、教授4名、特定教授1名、准教授1名、特定准教授3名、特定講師4名、特定助教1名、研究員12名です。

平成29年度の研究活動内容及び成果


センターでは「こころの総合的研究の推進」という目標のもと、「こころとからだ」「こころときずな」「こころと生き方」という3つの研究領域に関連する多様な連携プロジェクトを推進しています。論文の刊行、書籍の出版はもとより、多数の研究会、シンポジウム、ワークショップ、セミナーを開催しています。

  • 『Social Neuroscience』『NeuroReport』『Brain Topography』『Frontiers in Psychology』『PNAS』『Journal of Analytical Psychology』『心理学研究』『臨床精神病理』等のジャーナルに研究成果が公刊され、『Memory in a Social Context: Brain, Mind, and Society』『ブータン:国民の幸せをめざす王国』『「美少女」の記号論』等の書籍を出版。センター広報誌『こころの未来』を刊行しました。
  • 平成27年に発足した「京都こころ会議(Kokoro Initiative)」の事業として、第1回京都こころ会議国際シンポジウム「こころと共生」(参加者285名)を開催しました。
  • 連携MRI研究施設(学内共同利用施設)の教育事業として認知行動・脳科学集中レクチャー 2017「社会性の生物学」(参加者80名)、fMRI体験セミナー(参加者11名)、fMRI解析セミナー(参加者17名)、認知科学セミナー(参加者25名)を開催しました。

社会との連携


センターでは、研究成果を社会に還元するため、一般向けの講演会、イベントを多数開催し、自治体との共同事業や高校生を対象としたレクチャーなど、幅広い活動を行っています。

社会連携・社会貢献

上廣倫理財団寄付研究部門 2017年度研究報告会「幸せに生きる知恵」(参加者130名)では、住民の幸福実感向上を目指す基礎自治体連合(通称:幸せリーグ)と連携して「幸せはローカルから:GNHと日本」と題したパネルディスカッションを行い、東京都荒川区、佐賀県佐賀市、静岡県三島市をはじめ、多くの自治体関係者にもご出席していただきました。
そのほかとして、教員・作業療法士・理学療法士・臨床心理士・言語聴覚士等を対象にした連続セミナー「支える人の学びの場 医療および教育専門職のための こころ塾2017」(参加者83名)、ブータン学研究室の主催による公開講座「ブータン文化講座」を平成29年度には計2回(のべ参加者数109名)開催しました。
また、福岡県立明善高校の生徒60名によるセンター訪問を受け入れ、センター連携MRI研究施設の紹介ならびに吉岡洋教授、阿部修士准教授がレクチャーを行いました。

研修スタッフ

研修スタッフ

京都こころ会議国際シンポジウム

京都こころ会議国際シンポジウム

センター連携MRI研究施設

センター連携MRI研究施設

研究所・研究センター一覧

Links

文部科学省日本学術会議国立大学共同利用・共同研究拠点協議会janulogo300-80